ガーデニングで透明感のある庭をつくる植木の方法

建物の中からの眺めを考えて、透明感のある庭をつくりたいといった場合には、光をよく透過する葉を持った植木をとり入れて、庭をつくってみるといいでしょう。樹木の葉には、大きさや形だけではなく、厚さや質感などによっても、さまざまな違いがあります。光をよく透す葉というのは、葉の厚さが薄い、落葉広葉樹に多く見られる傾向があります。そのため、こうした樹木を効果的に配置することが、透明感のある庭をつくるコツということになります。また、光を透す葉は、紅葉するものが、比較的多くなっています。そのため、このような樹木を植えた庭は、秋になると、紅葉した葉を透して、赤や黄色の光があふれる、とても魅力的な庭になることでしょう。ガーデニングの際には、まず、樹木の性質をよく理解することが大切になります。そして、どのような庭をつくりたいかをイメージした上で、そこにもっともふさわしい樹木を、効果的に植えることが重要になります。

暗い庭をガーデニングで明るく変える植木の方法

建物の北側などで日陰になってしまいがちな庭を、植木によって明るい印象に変えるテクニックがあります。暗い庭を明るい印象に変えるためには、葉の表面が光をよく反射する種類の樹木を植えるのが効果的です。光をよく反射する葉を持っている樹木は、葉の表面が革質になっている常緑広葉樹に多く、一般に、照葉樹と呼ばれています。代表的なものでは、和風庭園などでよく用いられる、ツバキ類やサザンカ類、モッコクなどが、これにあたります。ガーデニングでは、こうした樹木の葉に、少しでも多く光が当たるように工夫して配置してみると、庭全体の印象が見違えるようになります。また、葉の色に特徴のある樹木を、ポイントで効果的に入れることで、庭を明るい印象に変えることも出来ます。オリーブやギンドロなどのように、葉の裏が白いものは、風で揺れると、光がほとんどなくても、輝いているように見えるため、とても効果的です。さらに、グミギルトエッジのような班入りの葉を持つ樹木を植えるのも、効果があります。

check

電話代行を格安で行う

Last update:2017/11/30

『ガーデニング 植木』 最新ツイート